私の健康法について

昔は不摂生もよくしており、お酒やタバコ夜更かしは当たり前でした。しかし子供が生まれてから特に、やはり健康である程度長生きしたいと思うようになり、自分なりに体に合う健康法を色々試しています。

まずは、子供がいるので早寝早起きになりました。夜泣きもしない子なので10時間ぐらいぐっすり寝ています。早寝早起きになると、まず肌の調子から違います。あきらかに以前より忙しい毎日ですが、疲れにくくなりました。そして、1日3食きっちり食べます。

基本的には和食がメインですが、洋食やパンのこともありますが、主食はなるべくお米にしています。このリズムのお陰か、便通がよくなり、何より間食をあまりしなくなったので、産後太りが少しずつ戻ってきました。

そして、運動です。これが1番難しくて、子供がいる主婦は特に自分の時間があまりもてないですよね。子供中心の生活なので、無視し続けるわけにもいきません。

ですので、運動は子供が寝たときなどに、自力整体とゆうストレッチのちょっと上級者向けのものをしています。上級者むけと言っても、難しいわけではなく、DVD付きの本が売っているので、見ながら実践しているうちに慣れてきます。

自分で適当にストレッチするのとはわけが違って、体の深いところまで伸ばせるので、姿勢をよくしたり、骨盤の矯正もしてくれるので、健康的に見た目的なダイエットができます。

年齢とともに、特に出産を経験した女性は体が歪み、腰痛や肩凝りをおこしたり、体が歪むことで痩せにくくなったり、太って見えたりもします。自力整体をしだしてから、自分の体に興味を持つようになり、ここが凝っている、歪んでいるなと、自分で自分の体を理解できるようになりました。

問題のあるところを重点的に整体し、昔から腰痛と肩凝りもちでしたが、ほとんど最近は気になりません。体型的には下半身太りがコンプレックスでしたが、足と骨盤の整体は特に頑張ったので、目で見てわかるぐらいスッキリとした足になりました。

体が柔らかくなるし、年配の方でもできる動きも多いので、続けやすく本当に健康的になれます。自力整体は自分で実証済みなので、オススメします。健康のためにはまず自分の体を知ることから始めるといいです。

そして色々が書かせていただきましたが、自力整体以外は当たり前のこと、普通なことです。どれも習慣付けて継続することで、健康で長生きできると思っています。

美容と健康について

健康に関して言いたいこと

健康とは、自分の寿命をのばすという意味では常に病気もなく、元気に過ごしたいと誰しもが思うことが背景にあることだと思います。まず健康は自分の心の状態が健康ではないと、体は元気だとしてもそれは健康とは言えないと思います。

わたしたち人間は健康にいいものなどを無意識のうちに摂取しやすい人種だと思います。それは年齢の高い人達が余計そう思うはずです。

健康にいい食べ物や健康にいいものなどを知らず知らずのうちに、これだと決めつけていて、これを食べれば健康になれる。これがあるからわたしは健康のままで居られる。など、そう無意識のうちに思い込んで、それが果たして本当に健康にいいものなのか、確実なのかなど疑問に残ることもあるのです。

その人がその食べ物を食べて健康になっていると思えば、それはそれでいいし、別の人はこの生活を続けているから健康なんだと思えばいい。要は、その一人一人の意識の違いでそう思い込んでいればそれでいいのです。それで本当に健康にならなくても、健康を維持できなくても他の原因で病気になったりすることもあるので、何が正しいといった正解はないのかもしれません。

ですが、できればこういったものを食べていた方がいいなどはあると思います。例えば、脂っこいものや糖分の多いものよりも野菜やたんぱく質を多く食べている人の方が健康には近づけると思います。

そして、あまり動かずにダラダラと生活をしている人より、たくさん運動して、毎日汗をかいている人の方が健康的な体を保つことができるのだと思います。

また、ストレスも健康に関係しているのだと思います。ストレスを溜め込んでいる人よりも、ストレスフリーな人の方がより元気に生き生きと過ごせると思いますし、ストレスで病気になってしまう人もいますので、ストレスはなるべく発散して溜め込まない方が健康にいいと思います。

これは断言できることだと思います。結論は、あまりストレスを溜めずに体をたくさん動かし、バランスよく食べるというほうが健康的な心と体を保つことができるのだということです。

ですので、健康というとこれだっとは思わずに、自分らしくたのしんで毎日をイキイキと過ごしていく方が健康を保ち、それが自分の寿命にもつながりますし、すごくいい生き方になると思うからです。

健康を保っていくためには自分の食生活、生活習慣などをきちんと正し、若いうちからもそうやって努力していくと必ず結果になると思います。

美容に関して言いたいこと

健康とともにやはりいつまでも若々しく美し過ごしていきたいですよね。特に女性にとっては「美」は年齢に関係なくいつまでも興味のあることではないでしょうか?特に年齢が表れやすいのがお肌ですよね。

最近では何を使ったらよいのか迷ってしまうぐらい沢山の美容グッズが販売されていますが、大事なのは自分にあったものを見つけ使用続けることです。とくにスキンケア商品は、お肌の状態や悩みに合わせ商品が開発されていますので、まずは自分のお肌の悩みやトラブルのもとを見極め、それに合った成分が入った商品を見つけることが重要。

それから、あまりコロコロ使用する商品を変えないことも大切です。使い始めてもなかなか結果が出ないと焦ってすぐに別の商品に飛びついてしまいがちですが、お肌の状態というのはそんなにすぐには変わりません。1つ商品を決めたら根気よくその商品をつかっていく方が、あれこれ変えるよりも結果的にはお肌の状態は良くなっていくと思います。ただし、使ってみて肌に赤みが出るなど、現在の状態からさらに悪くなっているように感じる場合にはその商品は自分の肌には合わないということなので使用を控えた方がよいでしょう。

私のお肌の悩みであった顔の赤みですが、なかなか何の成分が入ったものが効果的なのか分からずにいましたが、あるときインターネットで赤ら顔の原因は血管の拡張であると知り、結果の拡張を鎮める専用の化粧水があることを知りそれを使うようになりました。最初はなかなか効いている実感を感じませんでしたが、とくに肌トラブルなどは起きなかったので、3ヵ月ほど使い続けていたところ、ふと顔の赤みがだいぶおさまっていることに気づきました。やはり自分の肌の悩み合った専用のもの見つけを根気よく使い続けるというのは非常に大切であるということを実感しました!!ちなみに私が赤ら顔対策で使用したのは「和漢白彩」という化粧水です。赤ら顔専用というのはあまりありませんので、お悩みの方は試してみてはいかがでしょう!
赤ら顔の治し方!顔の赤みでお悩みの方は必見
漢方の成分で使って顔の赤みの原因である血管の拡張を抑えるようです。その他にもセラミドなどの美容成分も含まれているので、乾燥気味の肌で赤ら顔という方にピッタリの商品だと思います。お試しもできるようなので興味のある方はどうぞ

コレステロールを下げるためにサプリメントを利用

サプリメントを活用してコレステロールを下げる努力をしている人も多いようです。コレステロールとは、細胞膜の材料に使われているなど人体にはなくてはならないものです。

あまりにも血液中のコレステロールが多くなると、血管が詰まって硬化してしまいます。心筋梗塞や動脈硬化など命にも危険を及ぼすような重大な病気の原因となる場合もあるでしょう。
サプリメントで血中のコレステロールを調節するのに有効な成分を摂取している人もたくさんいるといいます。効果的にコレステロールを下げる成分が、植物ステロールというものだそうです。植物胚芽に含まれている天然成分であり、野菜や果物、植物性油脂などに含まれているのが、植物ステロールです。植物性ステロールは、コレステロールが小腸で吸収されるスピードを抑え、血液中の総コレステロール値とLDLコレステロール値を下げる効果があるといいます。

コレステロールを植物性ステロールが効果的に下げることに関しては、臨床試験でも分かっているそうです。国から特保の認可をもらって販売している植物性ステロールのサプリメントもあるそうです。多くの場合粉末や錠剤加工され、植物ステロールのサプリメントとして商品化されているようです。さらにコレステロールを効果的に調節するには、DHAやEPAのサプリメントと併用するのがおすすめです。