健康的なダイエット

私の実践したダイエット法です。1年間で20キロのダイエットに成功しました。更にダイエットを始めてから5年間体調を崩していません。今のところ1番良いダイエット法です。1年間で20キロというとかなり無理なダイエットをしたと思うかもしれませんが、私が行ったのは簡単な食事制限だけです。

その方法というのは朝食と炭水化物を抜くという単純なものです。詳しくその内容を説明します。まず朝食を抜くことについてですが、午前中は排泄の時間であり、その時間に食事を取ってしまうと消化にエネルギーが使われてしまい、排泄が正常に行われなくなってしまいます。

午前中はまず前日に摂取して消化されたものを排泄して、体をきれいにすることが重要だと思います。排泄がしっかり行われないと、体に不要なものが次から次へと溜まってしまいます。

次に炭水化物を抜くことについてですが、全ての食事から炭水化物を抜いてしまうと栄養のバランスが悪くなってしまうので、私は夕食のときだけ抜くようにしました。炭水化物はご飯、麺類、あとじゃがいもなどのいも類です。昼ではなく夜、炭水化物を抜くのは、夜はもう寝るだけでありエネルギーを必要としないからです。

炭水化物は腹持ちが良いため、寝ている間も腹に残っている感じがしてしまい、また消化機能が働いてしまい睡眠の質が悪くなってしまいます。夜の食事の量が減ることで、朝には消化が終わり目覚めがスッキリします。この2つを継続することにより、毎日が循環が良くなります。

最初の方は、少し我慢が必要ですが1ヶ月くらいで体も慣れて、それまで食べていた量が食べられなくなっていきます。今までが食べ過ぎだったのです。そしてこれを継続していくと、3ヶ月目くらいからおもしろいように体重が減っていきます。ここまでは我慢ばかりですが、昼食は何も気にせず食事をして大丈夫です。

我慢ばかりでは1ヶ月も保ちません。更にこのダイエット法には、体重が減ること以外にも良いことがありました。それは、この食事を始めてから1回も体調を崩していません。その細かい医学的なことはわかりませんが、おそらく消化器の負担が減り、また排泄がしっかり行われることにより体の中に不純物が溜まらないからだと思います。

体は一人一人違うので、この方法が全ての人に適しているかわかりませんし、自分自身にも本当に適しているのかはわかりませんが、いろいろ試した中では、今のところ1番簡単で1番効果の出たダイエット法です。

ダイエットでスリムになる為には

スリムを目指してダイエットをする人は多いですが、他にも様々な目的があります。目的の中で多いのは体重を落とすことです。スリムになると言う事をダイエットの目的にしている人が多いことでしょう。

ダイエットでより少ない体重になることは不可能ではありませんが、体重が減ればスリムになるかというと、そうとも限りません。現段階で体重がさほど多くない人がダイエットをしても、よりスリムになったり、減量をするのは難しいものです。今の段階である程度スリムだという人がダイエットをする場合は、部分痩せダイエットが効果的でしょう。

BMIを計算してみて肥満という結果が出れば、今は肥満体型です。ダイエットをして太りすぎているところを減らしたいという場合は、カロリー計算や体を動かすことを意識すると、すんなり体重が減ったりします。BMIの値が普通もしくは痩せ型になっている人の場合は、すでに体重は適性なわけです。そんな人がダイエットをしても、体脂肪は期待したほど減らすことはできません。現時点で太りすぎてはしない人なら、食事や運動を今以上にダイエット向きにしても、体によくない影響が出てしまうこともあります。

人間の体にはホメオスタシスという機能があり、生きていくための機能の一つとして、体重や血圧、体温などを一定に保とうとするものです。何をすれば体内の脂肪を燃焼させることができるかが、ダイエットを成功させるためには大事です。筋トレで部分痩せに取り組み、スリムな部分を増やすこともおすすめです。