三面から本気で考えるアンチエイジング

いつまでも若々しくいる為に三面美容という言葉があります。三面美容とは、外面と内面、そして精神面、この三つを同時に考えることです。アンチエイジングというと、まず初めに外面的な事を考えると思います。

しわやくすみやたるみ、年齢を重ねると気になるトラブルが出てきます。それを改善する為にアンチエイジング化粧品を使ったり、エステに通ったり、家で美顔器を使ったり、マッサージやパックをしてみたり。

これらは外側から肌のケアをする外面美容です。アンチエイジングを意識してる女性なら誰しもが行っていると思います。

しかし、その一方で毎日タバコを吸っていたり、食生活が乱れていたりしたらどうでしょうか。タバコは一本で一日分のビタミンCを失うと言われています。ビタミンCは言わずと知れた美肌成分であり、老化を防ぐ抗酸化作用も高い大切な栄養素です。それを喫煙で失っているのはとても勿体無い事です。

また、毎日の食事も肌や体を作る上で非常に大切です。いくらアンチエイジング効果のある食べ物を摂っていても、それと同等に老化が早まる食品を食べていては意味がありません。一日トータルの食事・間食を考えて、バランス良く栄養を摂る事が大切です。

最近では手軽に摂取できるサプリメントも沢山あります。でもサプリメントはあくまでも足りない栄養を補う栄養補助食品です。サプリメントを飲んでるから大丈夫、ではありません。このように体の内側からアンチエイジングを考えるのが内面美容です。

そして最後に精神面です。精神的なストレスは老化を早める原因の一つです。実年齢よりも若々しくハツラツとしている人は、ストレス発散が上手に出来ています。実はストレスを感じることでもビタミンCは失われていきます。

さらに、ストレスが溜まれば溜まるほど、体内で活性酸素が過剰に出てしまいます。活性酸素は本来なら体内でバイ菌をやっつけてくれるので必要なものですが、過剰に出てしまうと元気な細胞にもダメージを与えてしまいます。その結果、若くて健康な細胞がサビてしまい老化現象を引き起こします。

また、ストレスや悩みを抱えていると眉間にシワがより、口角は下がり険しい表情になってしまいます。この顔が続けば表情筋がこわばりシワが定着してしまいます。さらに笑顔が減ると、頬が持ち上がる回数も減ります。これにより頬のたるみが出てしまいます。頬がたるむと、やがてほうれい線につながります。頬の皮膚が下に引っ張られるため頬の毛穴が開く原因にもなります。

自分に合った方法でストレスを溜め込まないことが大事です。このように、外、内、精神というのはそれぞれが関連し補い合っているので、どれか一つだけを重点的にケアするよりも、三面から考えた方が効率よくアンチエイジングを図る事が出来るのです。

アンチエイジングに役立つ食事の方法

アンチエイジング効果を、日々の食生活を見直すことでアップさせる方法があるといいます。アンチエイジングとは、女性が取り組む美容方法という印象がありますが、それだけではありません。

健康で長生きするための予防医学にもなるのが、体への年をとることによる影響を阻止することなのです。ただ若々しい外見を作るよりも、真の体の若さをキープできるような方法をとることが大切ではないでしょうか。

塩分や油分は、アンチエイジングの食事ではなるべく減らすように心がけましょう。お酢やハーブを使ったり、カツオや昆布などの出汁を上手に使うことで、おいしく薄味の料理を食べることが可能です。テーブル上には、醤油やマヨネーズなど、塩分や脂肪分のたくさん入った調味料を置かず、出してくるのは必要な時のみというのもおすすめです。

小皿で盛り付け、一口を小さく心がけて、よく噛んで食べることもアンチエイジングにいい効果があります。いつも同じものばかり食べるより、少しずついろいろな食材を食べるように心がけましょう。おすすめのアンチエイジングに有効な食事法は、白、黒、赤、緑、黄の5色を意識して、毎回の食事で摂ることができるように心がけることです。
赤はトマト、にんじん、白はご飯やパン、黒はのりや黒ごまなどが食材の代表です。意識して毎日の食べ方を工夫する方法は、アンチエイジングに非常に効果的だといえるでしょう。

脳のアンチエイジング

脳の若返りもアンチエイジングのひとつです。脳を構成している細胞も年齢を重ねるとともに皮膚や内臓器官と同じように老化が始まります。加齢と共にもの忘れが増えることや記憶力が低下するのは、ある程度は仕方ありません。

生活習慣の見直しや日々の心がけによって十分にできるのが、脳のアンチエイジングです。最近注目されているのが脳の若返りを促すというサプリメントで、脳のアンチエイジング効果があるという運動、脳トレゲームや脳トレ本も人気があります。とにかく脳に刺激を与えることが、誰にでもできるやり方で脳の若返りを促す方法だといえます。

新しい刺激、経験したことのない体験が重要なのは、脳は受ける刺激を繰り返しの作業や情報に対しては低下させてしまうからです。ナビを使わず、地図だけで知らない場所をめざして車を運転するなどもおすすめです。知らない人と会話をしてみたり、新しい料理をつくってみたりと、先の予測が立たない体験は脳にアンチエイジング効果を与えますのでおすすめです。効果的に脳の若返りにをはかるには、軽い運動もおすすめです。普段から習慣的に運動をしている人であればそのまま続けて、あまり運動が得意でない人でも楽しくできるサイクリングやトレッキングなどの運動なら、気軽にできるので是非やってみましょう。

限られた脳の一部だけを日常生活や職場では使うことがよくあり、脳は長期間それを繰り返していると柔軟性が低下していきます。いろいろな脳の使い方をし、頭を柔らかくすることが脳の若返りそして脳のアンチエイジングに直結するものなのです。